正しいニキビの治し方

ニキビなどの肌トラブルを改善して美肌を目指すサイト

顎ニキビ の治し方は、たった3つのことを守るだけ

      2015/07/23

顎ニキビ

顎ニキビはホルモンの影響を受けやすい

皮脂腺が集中しターンオーバーしにくい

顎ニキビは大人ニキビが発生しやすいポイントです。普段あまり汗をかきく場所ではありませんが、皮脂腺が密集しているため皮脂が詰まりやすいことに加えて、ターンオーバーが遅く、代謝しにくいこともニキビができやすい理由と言えます。

生理前にニキビができやすくなる

また、顎はヒゲが生えることからも分かるように、ホルモンの影響を受けやすい場所です。

女性の場合は、月経周期の影響を受けて黄体ホルモンが増加すると、顎ニキビが発生しやすくなります。特に生理前になると顎ニキビを始め大人ニキビができやすくなるので、この時期は体調管理に注意してください。黄体ホルモンは肌の水分量を低下させるとともに、皮脂バランスを崩してしまいます。

男性は男性ホルモンの影響により皮脂の過剰分泌が起きやすいことに加え、髭剃りにより角質が厚くなる「過角化」が起こることで、顎ニキビができやすくなります。

顎ニキビ対策は洗顔とすすぎと保湿ケアの3つ

顎ニキビ_洗顔
顎のニキビは一度発生すると治りにくいのも特徴です。あごは普段の生活でつい触ってしまいがち。そのため、雑菌の侵入によりニキビが癖になってしまうケースが多いのです。また、洗顔時のすすぎ不足により石けんや洗顔料が残ってしまうことも、顎ニキビの原因となります。

顎ニキビ対策3か条

以上のことから顎ニキビ対策として次の3つを意識してくだい。

  1. 顎の毛穴詰まりを落とす
  2. 洗顔後によく洗い流す
  3. しっかり保湿して乾燥を防ぐ

洗顔時はTゾーンを中心に、顎までしっかり泡を行き渡らせましょう。この時、強くこするように洗うのは厳禁です。顎に洗顔料が残らないようしっかりとすすいだ後は、ヒアルロン酸コラーゲンなど保湿成分を含んだ化粧水を使用して、肌を乾燥から守りましょう。

顎ニキビ発生後のケア方法

ニキビ跡にはビタミンC誘導体

ニキビ跡ができたり、ニキビが癖になってしまっている部分には、このサイトでも繰り返し取り上げていますがビタミンC誘導体配合の化粧水をつけてください。

また、体の中からのケアとして、ビタミンCビタミンEの抗酸化系サプリや、脂質の代謝を促進するビタミンB2を摂取すれば、体の内部からも顎ニキビ予防につながります。もちろん、6時間以上の睡眠をしっかりとってホルモンバランスを整えることも意識してください。

ニキビ慢性化にはピーリングを試してみる

もし、ニキビが繰り返し発生し、肌に角質の硬さや皮脂の多さを感じるようであれば、ピーリングを行うのも有効です。ピーリングについてはこちらの「ニキビケアのためのピーリング入門」を参考にしてみてください。

 - ニキビの場所 , , ,