正しいニキビの治し方

ニキビなどの肌トラブルを改善して美肌を目指すサイト

ニキビを潰すタイミングと正しい潰し方

      2015/07/22

ニキビの潰し方

ニキビを潰すタイミング

ニキビは適切なタイミングであれば、潰しても構いません。具体的には、ニキビができてから3〜4日ほど経過し、白ニキビの段階で潰してください。間違っても赤く炎症を起こした赤ニキビのときに潰してはいけません。赤ニキビや黄ニキビは炎症を起こした状態ですので、さらに症状が悪化する恐れがあります。

ニキビの潰し方は?

ニキビはうまく潰さないとニキビ跡が残ったり、雑菌により炎症が悪化したりします。ニキビの芯を押し出すように潰すとよいでしょう。うまく潰せば跡が残らずきれいに治ります。

この時、素手で潰すと爪の雑菌が入りやすいのでNGです。お風呂上がりなど皮膚が柔らかくなった時に、綿棒2本を使って押し出してみてください

また、ニキビ潰しには専用の器具「コメドプレッシャー」を使うのも手です。専用の金属の棒で、ドラッグストアなどで購入できます。白ニキビ、黒ニキビともに除去できます。

テックスメックス コメドプッシャー

ニキビをつぶした後のケア方法

ニキビを潰したあと、そのまま放っておくとシミやニキビ跡となる場合があります。潰した後はガーゼに消毒用エタノールを含ませ、ニキビ跡をケアしましょう。

ビタミンC誘導体でシミを防ぐ

ビタミンC誘導体を含む化粧品は、新陳代謝を高めてシミの沈着を防いでくれます。炎症が起きているようであれば、消炎効果のあるグリチルリチン酸を配合した化粧品を使うと、穏やかにニキビ跡を回復してくれます。

アラントイン配合薬で肌荒れを修復

ダメージを残したくない場合には、アラントインが配合された治療薬を使うとよいでしょう。アラントインは優れた抗炎作用があり、炎症を抑えながら、肌荒れを修復する効果があります。

 - ニキビケアの鉄則 , ,