正しいニキビの治し方

ニキビなどの肌トラブルを改善して美肌を目指すサイト

脂性肌の人だけじゃない!大人ニキビができる3つの理由

      2015/07/22

大人ニキビの理由

「脂性肌肌だからニキビができる」は間違い

ある日突然、ポツンとできるニキビ。それだけでも憂鬱になってしまいますね。ニキビは誰もが経験するようなメジャーな肌トラブルですが、ニキビについてよく理解していない人が意外と多いのです。

例えばニキビは顔の皮脂が多いからできる、と考えている人が多いと思いますが、それは間違いです。確かに10代のようにニキビのように余分な皮脂が原因になっている場合もありますが、20代を過ぎてから発生するいわゆる「大人ニキビ」は、必ずしも脂性肌の人だけにできるものではないのです。では何が原因なのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れが要因

ニキビができる原因の1つは、毛穴の角質が厚くなることです。角質が厚くなる原因としては様々な要因がありますが、その主なものはストレスによるホルモンバランスの変化です。

角質が厚くなって毛穴をふさぐと、皮脂が毛穴から適切に排出されなくなります。その皮脂を栄養源としてニキビ菌ともいわれる「アクネ菌」が増殖します。

このアクネ菌は皮脂が大好物です。アクネ菌は毛穴の奥で皮脂を栄養源として増殖し、皮脂を遊離脂肪酸へと変化させます。遊離脂肪酸は、紫外線や酸素により「過酸化脂質」となり炎症が発生します。こうしてニキビが炎症をお越し悪化していきます。ニキビは炎症の状況によって白ニキビ赤ニキビ、黄ニキビと変化していき、治療が難しくなります。

つまりニキビの発生には

1.ホルモンバランスが変化する
2.毛穴の角質が厚くなる
3.排出されない皮脂の中でアクネ菌が異常繁殖する

という3つの過程があるのです。大人ニキビが急にできてしまった人は、体調の変化がなぜ起きたのかを考えてみるとよいでしょう。

ニキビ予防のためには毎日のお手入れが大切。「ニキビ予防のため毎日行うべきベーシックケア」を参考に、毎日のケアを心がけるようにしましょう。

 - ニキビケアの鉄則